忍者ブログ
自分勝手に生きてます。B型だからしょうがないでしょ! 人生の半分が終わっちゃった今、残された日々を面白おかしく楽しみたいね〜
  カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  フリーエリア
  最新CM
[10/21 salsa]
[07/25 nanaha]
[07/24 maru]
[09/27 nanaha]
[09/25 SUGI]
  最新記事
  最新TB
  プロフィール
HN:
nanaha
性別:
女性
職業:
パート事務
趣味:
飲酒・宴会・音楽鑑賞・プロレス観戦
自己紹介:
★クレイジーケンバンドファンです。ファンクラブ入ってます。
★新日本プロレスファンです。後援会には入ってません。
★酒と猫が好きです。
  バーコード
  ブログ内検索
  カウンター
  アクセス解析
2017/05/26 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/07/25 (Wed)
私のギターは自己流です。
中学生の時にお小遣い貯めて質流れのギター買って、雑誌の付録の歌本でコードを一生懸命覚えました。
一番初めの曲は『小さな日記』。

高校生になると『新譜ジャーナル』や『ヤングギター』なんかも買って、コードストロークで行ける曲なら、あらかた弾けるようになりました。
メジャーセブンなんかも押さえられるし「私って結構やるじゃん♪」って思ってました。
一昨日まで。。。。

一昨日のギター特訓で、夫が私の指見て笑う笑う。
「なんだ?お前のその指の位置w」
そう。
私の自己流コード、Dの指位置が可笑しいらしい。

だからって、この40年近く引き続けてたDを、今さら直ぐに変えられる訳ありません。
もう頭も指も固く固~~くなっているのだから。

「だから指が腫れるんだよ」
と夫に喜ばれてしまった私のD。

見ます?(笑)

c685bcf2jpeg


PR
2007/07/23 (Mon)
とある過去フォークのオフ会に参加した。
私は、そのグループが好きで思い入れもあるのだけれど、心に強く残っている曲はせいぜい10曲程度。
でもその10曲を物凄く好きだから「このグループ大好き♪」って思ってるし言っている。

だけどその日集まった面々は違った。
コアなファンばかり。

「この曲知らない」と言えば
『ええっ?!!これは名曲だよ~!!アルバム○○○に入っていてその頃彼らは・・・・』以下省略。

「この曲きら~い!」
『ええっ?!!・・・・・・』以下省略。

ほんと、よく私けんか売らなかったよ。
えらい!
ってあとで夫に誉められた(笑)


でもコアなファンの気持は分かるんだ。
CKBの曲だったら私も全部知ってるし、どの曲も名曲だと思ってるから嫌いな曲なんて一つも無いし。
ライブで、のっさんのギターソロになると客席が動き出しトイレに行く人が続出するのを、常々不愉快に思っていたし。



それで思った。
私にとってのCKBは現在進行形で、先日のフォークグループは過去の思い出なんだ。
オフ会のコアさん達は、グループ解散後もソロになった一人をずっと追っていて今も聴いている、彼らにとっては現在なんだって。

だから「次回オフ会までにアルバムいっぱい聴いて、知ってる曲増やして来ます」と宣言した言葉は撤回しよう。
彼らは、過去の物であって良い。
好きだった曲の思い出だけ、あれば良い。



昨夜からギター練習しています。
ああは言っても、どうしても1曲は物にしたくなったから(笑)
数十年ぶりにコード押さえたら音はくぐもってて4~5回弾いただけで左手指の腹が真っ赤に腫れた。
「3日弾き続ければ皮が硬くなって痛くなくなるよ」
と師匠(夫)は言うけど、なんかもうギブです~。

c7f75089jpeg

多分今日はギター触らない予感。。。。。。
2006/09/23 (Sat)

BSで、つま恋ライブの生放送が流れている。

拓郎&こうせつ大好きな夫はルンルン♪歌ってる。

実は今日のライブ、チケット売り出し前から知っていて、行こうかと思っていたのだ。

NETアクセスして検討。

最後の最後で断念した。

理由は金額。

もう、いくらだったかも覚えてないけれど、2日通しのコンサート料金と往復の旅費を考えると。。。

 

今夜生放映を見ていて、行かなくて正解だったかな?って思った。

私の中の『吉田拓郎』と思える曲は、デビューから数年の初期の拓郎なのだった。

思えば『御伽草子』あたり以降の曲は知らないに等しい。

当時の若者の間では「TVに出てしまったらフォークではない」みたいな考えが主流で、私もその流れに乗ったのか乗らなかったのか

『旅の宿』の大ヒットの頃からフォークを離れていってロックを聴くようになった。

音楽の原点がGSだったから、ロックの方が入りやすかったような気がする。

キャロルやバッドカンパニー、内田裕也・・・・

 

TV画面のつま恋では私と同年代の方々が楽しそうに弾けてる。

知らない人たちなのに、何か取り残されたような寂しい気分が少しした。

今から約30年前の夏、「中津川フォークジャンボリー」と「ヨーコ・オノ来日のロックフェス」と「新島サーフィン旅行」に、同じ日程で誘われた。

悩みに悩んで、ロックフェスに行くことに決めた。

それが私のフォークとの決別だったのかな?

で、最終的には新島サーフィン旅行に行っちゃったんだけど(笑)

その時のしっぺ返しが今日の寂しさだったのかしら?と勝手に考えた中年の秋なのでした。

忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *